私たちが考える当たり前のこと…とは。(4)/お客様との信頼関係を失いかねない、曖昧な時間の指定はけっしていたしません。

常にお客様側の姿勢を目指す私たちにとって、お客様の大切な時間を頂く最低限のルールとして、「午前中にお伺いします」や「何時頃お伺いします」など、曖昧な表現を排除し、「何時何分にお伺いします」と正確さを厳守します。不確定な時間提示はお客様の大切な時間を奪うことに他なりません。私たちはこうした基本行動の徹底を通じて小さな信頼関係の積み重ねを構築しています。

ご家族や周りにおられる方への配慮のために─
<あえて平服でお伺いいたします>

最低限のマナーとして当然のことですが、当社では会社名の入ったスーツや服装などを着て、病院やご自宅にお伺いすることはありません。もちろん、ご要望があれば、ご自宅へは会社名の入っていない車でお伺いいたします。

このページの
TOPへ▲