エチュードがお客様にできること

会社紹介

エチュードの責任

私たちの会社は社会に対してどのような責任を果たすべきなのか?
明確な理念と行動基準のもと、私たちは「今」お客様が求める葬送サービスの在り方を追求し続けます。

エチュードの企業理念

葬儀を通じて、命の大切さを学び、生きている喜びを感じ、人生とは素晴らしいと感じてもらえる機会を創造し、社会のさらなる向上を図ります。

葬儀社であるがゆえに、仏の教えである六波羅蜜(布施、持戒、忍辱、精進、禅定、智慧)を見つめ続けます。

<六波羅蜜とは>

使命

  • 愛する人との別れという絶望感の中、すべてのエネルギーを使い果たしてしまったご遺族が、勇気を持って悲しみを乗り越え、生きることの喜びを取り戻され、新たな出発の準備が整うよう微力ながらお手伝いをする。
  • 限られた時間の中で、時を越え、時間を止め愛する人と共に過ごすことの大切さを創出し、葬儀を通じて故人に伝えたいメッセージを確立するために、ご家族の気持ちに共感し、共に考え、大切な人との心の絆を確認する機会を創り出す。
  • 葬儀を通じて、自らを見つめ直し、次世代を担う子供たちの成長の場を創り出す。

行動基準

目的は収益を上げることではなく、自らの顧客を生み出し、他社では代えの効かない価値(時間)を創り出し、一人でも多くのファン獲得に努める。

社名の由来

変革の時代と言われる今日。葬儀を取り巻く社会的環境も21世紀の到来を境に、より一層の個性化と多様化の波が押し寄せています。
こうした背景から、平成13年より、井口葬儀店関連会社として、新しい葬送サービスの提供をめざした「株式会社エチュード」を新たに設立いたしました。

例えば、沖縄の方言で「海人( うみんちゅ)」があります。これは海で生活する人、つまり漁師さんのことを意味しています。
「会宙人( エチュード)」とは、宙( そら) を見上げれば旅立たれた人と遺されたご家族とがいつでも会える…そんな永遠の絆の確認をお手伝いをする人が、つまりは葬儀社であると私たちは考えています。

人がその生涯を終えたとき、夜空の星となって永遠に輝き続けるとするなら、彼方からその光は、ずっといつまでも、今を生きる私たちを見守っていてくれることでしょう。

悲しいとき、辛いとき、嬉しいとき…、夜空を見上げたときに、大切な人の笑顔が夜空に浮かび上がり、暫しの間、二人だけの会話の時間を持つことができたら、どんなに素晴らしいことでしょう。

「宙(そら)を見上げれば、いつでも、あの人の懐かしい笑顔に会える」
そんな想いを社名に託しています。

トータルサポート

ご葬儀を取りまとめるだけが私たちの仕事ではありません。葬儀後のご遺族様の心のケアをはじめ、さまざまな法的手続き、会葬者様への返礼から散骨やお墓のご購入にいたるまで、葬儀をひとつの点で捉えるのではなく、トータルな体制できめ細かなサポートを心掛けています。

トータルサポート

このページの
TOPへ▲